【Revit】集計表をプロパティセット(Pset_)としてIFCに書き出す

IFCは3DCADやBIMオーサリングソフトで用いられる拡張子です。オブジェクト形状だけでなく属性(アトリビュート)を保持したファイルとして、複数のソフトウェアでデータのやり取りをすることができます。

建築・土木分野で有効に活用できるように、あらかじめbuildingSMARTという団体が属性の定義をしているのですが、この定義に外れる情報は連携を行うことが出来ません。

そこで、「Pset_」プロパティセットという概念が用いられ、細かい運用をカバーしています。

集計表でプロパティセット(Pset)を作る

Revitを使ってこのプロパティセットを作ることが出来ます。例えば、Revitから特定のソフトウェアにIFCを介して情報連携をしたい!と考えているとしましょう。

この連携先のソフトウェアが、「Pset_test」というエンティティの属性(アトリビュート)であれば、IFCファイルの中から情報を特定し読み取ることが出来るとすると、Revit側からは「Pset_test」のエンティティで書き出してやればよいというわけです。

ではPset_testを作ってみましょう。

プロジェクトブラウザ>集計表>新しい集計表/数量

まずはRevit内のプロジェクトブラウザから、「集計表/数量(すべて)」を右クリックし、「新しい集計表/数量」をクリックします。

開いたところ

すると、集計表を作る画面が出てきます。ここで、デフォルトでは「<マルチカテゴリ>」が選択されていますが、「Pset_test」を作りたいファミリカテゴリを選択します。

「構造柱」ファミリ内に「Pset_test」を作ることにしました。

設定が完了すれば、<OK>をクリックします。

「Pset_test」のプロパティとして書き出したいパラメータを選択し、右の「使用予定のフィールド」に移動します。

「製造元」「正確な重量」「断面形状」にしてみました。あとは<OK>をクリックします。

すると、集計表が表示されます。もともと空っぽのパラメータばかりだったので空欄ですが、ファミリパラメータが入力されていればここに表示されます。

IFCに書き出してみる(設定)

3Dビューに戻り、[ファイル] > [書出し] > [IFC]メニューを選択します。

<設定を変更>をクリックし…

「集計表をプロパティセットとして書出し」「タイトルにIFC、Pset、Commonが含まれる集計表のみを書き出し」をチェックし、<OK>をクリック。あとは書き出してみましょう。

IFCビューワで確認すると、Pset_testのエンティティと断面形状のアトリビュートが表示されました。「製造元」「正確な重量」が書き出されていないのは、空欄だったからということですね。

これで無事にIFCに書き出しが行えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。