【Dynamo】Revit内の情報をあらかじめ指定したフォーマットのエクセルに出力する(bumblebeeを使う)

まえがき

Dynamoのデフォルトノード ExportExcel を使えば、ファミリのプロパティ等をエクセルに出力することが可能なのですが、実は結構実務上でかゆいところに手が届かない思いをすることがあります。

Excelテンプレートの特定の位置に出力…ができない

Dynamoを使えば情報同士を組み合わせて計算を行うことも可能ですが、動作が重たくなりがちなので出来れば避けたいところです。

そこで、あらかじめExcelに関数などを設定しておき、Revitからは最小限の情報を出力することで運用が出来れば嬉しいのですが、デフォルトのノードではそれを実現することが出来ない(と思う)ので、かなり惜しいところです。

こんな感じでエクセルを表計算ソフトとしても使おうという手法

Dynamoアドイン「bumblebee」を使う

インストール

詳しいインストール手順は公式ドキュメントをご覧ください。

つい口に出したくなる言葉「バンブルビー」

ノード

ノードをキャプチャ

このノードを組み合わせてみました。Write ExcelBB Data はbumblebeeのオリジナルノードですね。

また、Code Block でSheet1を指定していますが、これはFile Pathで指定したエクセルファイルにあらかじめ作成しておいたシート名です。

このSheet1シートの中のB2を起点として、2つのリスト(0List , 1 List)を出力すれば、関数設定しておいたD列が自動で計算されるということですね。さっそく実行してみましょう。

ポチっとな

無事にD列に計算結果が出力されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。